« 大村あつし氏よりTBが!! | Main | オペラ座の怪人 »

2005.02.04

現代の心の病・・・

心の闇、克服しようよ!その根底にあるものは何??テーマは??

今日は仕事で、医療少年院へ巡回訪問に行かせていただいた。ここには本当に様々
な心の病を抱える10代の若者が、未来を見据え想像することすら出来ずに日々悶々
とした生活を余儀なくされている。

生きることが辛く、おっくうになっているのである。。。

そんな苦悩にあえぐ若者たちの心の悲鳴を、今日は聞いた思いがした。

本当はつながりたいけど、うまくつながれない。人とつながることはごく自然で、楽しい
ことだったのに、今では人とつながろうとすると、そこにトラブルが起こるから・・・・・・。
だから逆に、人とのつながりが、傷を生じたり苦しい体験になったりする。

そんなトラウマが彼らたちに大きな壁を作り、自分という存在を見えないベールで包み
隠していく。ここ(医療少年院)に来てからは、一人一人がさらに孤立した生活を望む
ようになるらしい。それは、人とのつながりで、もう、苦しい思いをしたくないからだと言
うのである。本当に孤立した若者たちの驚愕の姿を目の当たりにした私。

かわいそう・・・って思うよりも、残念で仕方がなかった。想像以上にその心の病は大き
かったから。はるかに大きな心の傷。。。

そんな生きづらさが今、さまざまなタイプの心の病として、若い世代に集中的に表れて
いるのである。

現代の親が子どもに「これを大切にしなさい」と教えてあげられることは、非常に浅薄な
ものになりがちで、こうした方が「生活がラクになるよ」とか、「給料がたくさんもらえる
よ」といったレベルのことしか教えられなくなっているのである。

もっと人間として、大切なものを伝えてあげないといけないのに、そういうことを言うのも
気恥ずかしいとか、子どもは理解できないと言って、真っ向から否定してしまう大人たち
のなんと愚かなことか・・・。

気恥ずかしく思える大人たちの元は、自分もそういう価値観を信じていないし、実行もし
ていないので、自信がない!というところからきているようだ。

そういう意味では、人間としての本当に大切な価値というものを、大人も子どもも
見失っているのではないだろうか?これが、一番の根底にあるのだと思う。

たとえば、うつの問題にしろ、少年非行の問題にしろ、若い人がリストカットを繰り返す
といった問題にしろ、結局その病気の症状だけを相手にしていてもよくならない。

もちろん、精神科医や臨床心理士の目から言わせれば、眠れないといった人には睡眠
薬をあげて、沈んでいると言えば、ちょっと抗うつ薬をあげて、それ以上はもう立ち入ら
ないようにするというケースが多いのが現実。

しかし実際、腰を据えてそれらの問題と関わろうとすると、その人の生き方のスタイル
の様々な課題と向き合うことになる。症状の下に隠れているパーソナリティの問題、
あるいは「パーソナリティ障害」の問題に嫌でも出会わざるを得ない。

そして、その大変さのために、精神科の中でも一番置き去りにされてきた

パーソナリティの問題

が、特別な困った人たちの問題ではなく、実はみんなに通じる非常にベーシックで普遍
性をもったテーマなんだということが、この医療少年院を訪ねて改めて実感として分かっ
てきた次第である。

症状の奥にあるもの・・・そこを読み取って、じっくり腰を据えて関わるのが、私に課せら
れた仕事なんだということを~。

彼らたちに、心の病と闘う勇気をまず持たせたい!

|

« 大村あつし氏よりTBが!! | Main | オペラ座の怪人 »

Comments

>水香さま
毎度どーもですぅ(笑)。悲しいことに、まだまだこれから!っていう若者が、すでに生きることを投げやりにしてしまっているんですよ。特に「他人と関わらない」と決めているって言うんです。相当根が深くて、私にも「何しに来たんだ」というような目で見られました・・・(T_T)

でもね、私には彼らたちの「心の叫び」みたいなものが、ずっしりと響いてきたんです。だから、人間っていいよ!生きるって素晴らしいよ!ってこれから少しずつ関わって教えてあげたいと思ってます。

>生きてれば色々と辛い事・苦しい事はあるけど、自分に負けずに、本心から「良いと思えること」を実践する勇気が持てるといいね。

まったく同感です。心の中は冷めていても、まだ腐りきってはいないはずですから・・・がんばります!(笑)

Posted by: おふう | 2005.02.06 at 03:02 PM

あ~・・・なんか、すっごく分かる感じ・・・。
「生き辛さ」を感じる子達の感覚も、おふうさんの言ってることも、どっちもね。

人として大事な事って沢山あるし、本当の所はそうありたいと思う人って多いと思う。誰だって自分に後ろ暗い所は持ちたくないだろうし。

けど、その一方で風潮・・・とでもいうのかな。
人として大切な事、それ自体を否定する傾向があるような気がする。そんなのナンセンス・甘い・・・と。

でもさ、実生活は勿論大事だけど、どれほど生活が潤っても、幸福感を感じる「心」がおざなりになったら、むしろ不幸になると思うんだよね・・・。

生きてれば色々と辛い事・苦しい事はあるけど、自分に負けずに、本心から「良いと思えること」を実践する勇気が持てるといいね。

Posted by: 水香 | 2005.02.05 at 10:47 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25763/2807660

Listed below are links to weblogs that reference 現代の心の病・・・:

» 人間の摩訶不思議 [F-P★バカンス中★]
科学は重要だけど、つくづく、それだけじゃ解き明かせない事って沢山あるんだよなぁ・・・と、実感する事がある。 というのも、私自身、あまり一般的でない、いわゆ... [Read More]

Tracked on 2005.02.19 at 11:27 PM

« 大村あつし氏よりTBが!! | Main | オペラ座の怪人 »