« GPSって便利かも | Main | 年賀状のデザイン決まる! »

2004.12.15

フォントに苦戦する時期

毎年、年賀状を作成するこの時期は、特に苦戦するのがフォント

初級システムアドミニストレータの資格を取ってよかったなーって思うのは、PCに関
する幅広い知識を得られたことだと思うのですが、実際資格を取得してしまったら、
その得られた知識のほとんどを、即効忘れてしまう!(笑)

というのが私の悪いクセ・・・なのかもしれません。。(-_-;)アセ

しかし、毎年この師走の年賀状作成時期になると、初級シスアドで学習し、覚えた中
フォントについてだけは一貫して思い出すのです。なぜなら、年賀状のレイアウト・
フォントをどうするか?で、悩むからだと思います・・・。(苦笑) 

ましてや凝り性の性格!このフォントに苦戦するのです。

文字には明朝体やゴシック体といった書体があります。これらの書体を表すものを

フォント といいますが、有名なものでは、「MS ゴシック」「MS 明朝」など。

フォントは、その形成方式によって見栄えが異なります。代表的なものとしては、
「ビットマップフォント」と「アウトラインフォント」といった種類があります。
     


 ・ビットマップフォント
     16×16や24×24の範囲で点を打ち、文字の形を表す方式です。
     この方式だと、文字を拡大した時に、ギザギザが目立ってしま
     うため、文字の品質は良くありません。しかし、表示速度は
     速いので、ディスプレイの表示用に用いられます。

 ・アウトラインフォント
     文字を拡大しても輪郭のギザギザが目立たないように、輪郭を
     線でつないで滑らかにみせる方式です。ビットマップフォント
     にくらべ表示速度は遅くなりますが、とても綺麗な文字を出力
     できます。
     

フォント決めに関しては、文字の幅も考慮しなければなりませんし、これがけっこう
クセモノだったりもしていて、”ウザイ” かも(笑)。

日本語だけの場合、大抵の文字はほとんど同じ大きさで書けます。しかし、日本語
と英語が混ざってしまった場合、あaいiうuのように、文字の幅が異なってしまいます。
しかし、日本語にあわせた文字間隔にすると、英語が混在した時に妙な隙間が出来
てしまいますし、逆に英語に合わせた場合は、1行の文字数が変ってしまいます。
そこで、どちらかに決める、という事はせず自由に文字幅を選択できるよう、文字の
幅を考慮したフォントができました。

それが、「等幅フォント」「プロポーショナルフォント」です。
     


 ・等幅フォント
     原稿の1マス1マスに書くように、文字の幅が決まっている
     フォントです。1行の文字数が決まっている時などには、この
     等幅フォントが有効です。
     ※また、メルマガなどで、表を罫線で表現したいというような
     場合、等幅フォントでないとまともに見られない、ということ
     があります。

 ・プロポーショナルフォント
     等幅フォントの場合、文字幅の狭い文字と広い文字とを混在
     させてしまうと、見え方が不自然になってしまいます。
     そこで、文字の幅によって、表示の文字幅も変えるフォント
     をプロポーショナルフォントと言います。
     

大抵のメールソフトでしたらフォントを等幅に変えられますので、等幅フォントの場合
とプロポーショナルフォントの場合とで見比べてみるのも、楽しいかもしれません。

さてさて、能書きはここまでにして(爆)、私の今年の年賀状は、どのようにしようか
な~ぁ。と、いまだに迷っておりますです。(>_<)

早く取りかかんないと、超やばいっしょ!職場のは終わったんだけどね・・・・・。

|

« GPSって便利かも | Main | 年賀状のデザイン決まる! »

Comments

>まいさん
コメント、ありがとうございます!
まいさんも、シスアド取得者だったのですね~。
HP拝見させていただきました。今度は受験者を応援する立場となっていらっしゃることに、深く感銘を受けました。素晴らしいことだと思います。よろしければ、また遊びに来てください。

年賀状もがんばりますわw~(笑)

Posted by: おふう | 2004.12.17 at 12:05 AM

シスアドの資格をとっても
使わなければ忘れますよね(^_^;)
とってもよくわかります。

年賀状は、手書きが一番ですね。

Posted by: まい | 2004.12.16 at 11:19 PM

>noriさん
デザイナーさんでしたか!す、すご!尊敬~。
私も実は、アウトライン派の方なんですぅ。。。印刷物系のデザインって、いろいろと奥深いんでしょうね?触りしか分かりませんが・・(笑)。

短気納期♪気に入りました。(~_~;)今度、noriさんになんかのデザインお願いしよっかなー。

Posted by: おふう | 2004.12.16 at 10:34 PM

きゃらたまのnoriです。僕は印刷物系のデザイナーなので、大体の体裁が整ったら、元データとアウトラインデータとに保存を分けて、微調整はセンスに任せてます(笑)仕事以外ではフォントのせいで印刷に手こずるくらいならと、即、アウトライン化で乗り切ってしまってます(爆)

微調整で都合がつき難いときは、タイトル扱いとサブタイトル扱いに分けたり、あまり手こずるようなら、文章内容を書き換えてハマラナイようにハマラナイようにひたすら逃げに走ります。あとはビジュアルというかデザインで押し切り、仕事では考えられないくらいの短期納期(おのれがクライアント)を実現させております(爆)

Posted by: nori | 2004.12.16 at 03:47 PM

>有閑さん
PC依存症のため、すっかり手書きの新鮮さ・温かさを忘れてしまっている現状です。便利さを追求したら、「心」がこもっていない年賀状の数々。そこで、数年前から年賀状を出す全ての方に必ず一言でも二言でも手書きで一文を添えるようにしています。

だって・・・300枚もあるんだもん。。(泣)

Posted by: おふう | 2004.12.16 at 02:20 PM

やっぱり手書きが一番!ですよ。個性のある癖字もトレードマークとして使えます。

Posted by: 有閑主夫 | 2004.12.15 at 08:48 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25763/2271764

Listed below are links to weblogs that reference フォントに苦戦する時期:

« GPSって便利かも | Main | 年賀状のデザイン決まる! »