« インターネットの歴史って? | Main | 冬支度完了です(*^^)v »

2004.11.06

ふりまわされて・・・ます

史上最強のクライアントに、さすがの私もタジタジです。

星の数ほど多くいるクライアントさんの中でも、今、最も注目している・・・というか、して
いかなくてはいけない人がいます。その方に最近振り回されていることが多々あり、な
んだかさっぱり、自分の仕事が進んでいないような気がしてます(笑)。

その方は、多重人格障害(MPD)をもつ、女子中学生です!見た目はすげーかわゆい
んだけどもね~。(~_~;) 本とかわゆいんだよ。ゴマキに似た感じ。かな?

24人のビリー・ミリガンではないにしろ、少なくても9人の人格を持ち合わせているの
です。だから、その時々で、人格が変わる変わる。。。

※クライアントさんの秘密保持の原則規定のため、以下彼女に関する詳しい内容は省
略させてもらいます。

で、何が振り回されてるかっていうと・・・・・・・

最近の大きな出来事では、深夜、ワイルド系(不良系・笑)の人格が発症し、家出して
警察に補導されたこと。

-------これは私の職場全体を巻き込んだ!みんなで探したもんさ!朝方まで。んで、
結局一睡もせず・・・・・(泣)。部下もみ~んな目の下にクマちゃんいたもん(笑)。

ほんでもって、この前、めずらしくというか初めて彼女から「せんせ、ごはんでも食べに
つれてってよ!相談もあるし。」って、言うから「おっしゃ~!」と思って、相談事がある
ならなお更のこと、これは連れて行かねばなるまい。。。と、お寿司やさんへGO!

たらふく食わした後、「ねー○○ちゃん、相談って何?」って聞いたら・・・

「え?相談なんかないよ!そんなこと言った?」

だってよ。(--〆) あの時、別の人格だったんだな・・・見抜けなかった。トホホ・・・・
私は○○ちゃんのために、今日の大事な仕事のアポ、ドタキャンしたのにさ~~。なし
てこーなるの!という感じで、落ち込んだのでした。

ほんでもって、最近、彼女から頻繁に電話がかかってくるようになりました。それだけ
私と彼女のラポール(信頼関係)が出来つつあるってことなので、嫌ではないのです
が・・このおかげで、本当に振り回されていますわ~。(-_-;)

先日も、自殺願望が強い人格が発症。日中、携帯電話がなって、会議の真っ最中だっ
たんだけども、ディスプレイ見たら彼女の番号だったんで、取らないとまずい!と思った
ので会議を一時中断してもらい、電話に出る。すると、電話の向こうから、しくしく泣き
声が・・・

「せんせ~、わたし、これから包丁を買いに行きたいので、一緒に行ってください。」

だと。うわぁぁぁぁ!!!これは超やばいやばい。と思って、彼女の家にすっ飛んでい
きました。でも、行ったらね・・・・・・彼女、普通に戻ってまして、

「先生、どーしたんですか?何かあったんですか?」

と、キョトンとした真顔で、そう言ってました。私に電話をしたことすら覚えていない。。。
張り詰めてたものが一気に崩れて、ヘナヘナになってましたね~私(笑)。

けど、本当に包丁なんか一緒に買いに行かされなくて、良かったですよ。マジに。あの
時、遮断したり拒否した内容のことを伝えてたら、精神状態がもっと悪化してたに違い
ないと思うと、いったん受容したフリをして「分かった。今から行くから・・・」と答えていた
私の判断は正しかったんだ!ていうので、虚脱感で一杯になりましたよ!

でもね、頻繁に電話があるおかげで、彼女との距離が確実に縮まっている気がしてま
す。いろんなこと、ポツリポツリと話してくれるようになってきましたから。

そんな彼女と向き合って3ヶ月くらい・・・彼女の方も、人格がコロコロ変わるので、現在
学校にも通えない日々。自分でもジレンマ起こしながら、この9人の人格と闘っているん
ですね~。彼女とのイタチゴッコはまだまだ続くでしょう。これからも・・長期戦です(笑)。

よくある質問に、多重人格障害は演技ではないのか?と聞かれることがあります。そ
れが芝居ではないことを証明するいくつかの実験データがあります。


1.心理テストを用いた研究では、各人格についてテストを行うと、明らかに知能が
  異なり、各種性格検査でも明らかに異なった人格特徴が見いだされる。ロール
  シャッハテストでも、明らかに異なった人格であるとの判定が出る。

2.各人格について痛みの感じ方という、神経生理学的な実験を行うと、明らかに
  異なった反応が確認される。

3.アレルギー反応でも各人格で異なっており、ある人格は喘息なのに、別の人
  格では起こらないという違いすらある。

4.各人格に脳波検査を行ったところ、大人の脳波と、子供の人格の脳波とでは、
  明らかに違いがあった。(幼児期の脳波はシータという成分が多い)

5.脳の血流も、ある人格においては右脳が活性化しており、右脳の血流の増加
  が認められた。

と、概要を語れば上記のようになります。しいていえば、

私たちの誰もが多重人格になりうる可能性があるということです。

多重人格(障害)の存在は、人間の心が思ったより複雑で、自分の心でさえ、自分が
知っている以上に奥深いものであることを示唆しているものと思います。

多重人格障害は幼児期に受けた暴力や性的な虐待が原因というのが通説となってい
ます。つまり、傷つきやすい子供が、外界の過酷な状況に耐えきれず、どんどん奥に
引っ込み、その子供の人格をいわば保護する目的で、身代わりに虐待を受けとめ、本
人を慰め、守ってくれる人格を創造し、発展させながら、多重人格を創り出してゆくとい
う、一種の防衛のメカニズムだということで、現在ではこの説が一般に受け入れられて
います。

ですから、多重人格障害が特別な脳の病気などではなく、幼児期の体験によって発生
するということは、人は誰でも多重人格障害者になりうる(幼児期の体験次第では)とい
うことを意味し、つきつめると人間は普段意識していないけれども、いくつかの人格の複
合体であるという人間観をもほのめかすからです。

最も困難なこのケース。終結までの道のりが長くても、私は最後まで彼女と徹底して、
向き合っていこうと思っています。たとえ、振り回されてもね・・・(@_@;)

|

« インターネットの歴史って? | Main | 冬支度完了です(*^^)v »

Comments

>水香姉さん
いつも、繋がってくださって(TB)ありがとうございます。

>私はむしろ、カウンセリング方面でも輪廻転生の考え方が上げられているというのが、驚いたなぁ。

人間の心理を追求していくと、どうしても哲学・宗教のような思想・真理が必要になってくるから、輪廻転生の考え方も視野に入れてそこから分析をしていくことになります。
彼女のように重たいケースであればあるほど、多方面にわたり勉強していかなければならないので、私も随分、頭がよくなってきたような気がします(笑)。

Posted by: おふう | 2004.11.08 at 09:16 PM

脳波や体質までが変化するというのは、衝撃的だったけど、考えてみれば、心と身体は密接に関わってるから、そんなに不思議な事ではないのかも。

私はむしろ、カウンセリング方面でも輪廻転生の考え方が上げられているというのが、驚いたなぁ。占い上では、大抵の場合、メジャー占術の根底にあるのは、循環の理念だから、輪廻転生の発想は出やすいんだけど、やっぱりそうとでも考えないと、つじつまあわないよねぇ・・・。

個人的には宗教(というか、押し付けがましい信者が、なのだが)って、あんまり好きじゃないんだけど、概念としては、真理だ・・・と思うの、結構あるよね。
とても興味深い記事で、視点は大分違うのだけど、色々と考える所があったので、TBしてみました♪良かったら、暇な時にでも読んでみてちょ。

色々、大変だと思うけど、おふうさん自身も労わりつつ、頑張ってね!

Posted by: 水香 | 2004.11.08 at 06:46 AM

>けろちゃん
完治する保障は、はっきり言ってほとんどありません。1度自分を防衛することを他の人格で覚えてしまった以上、そこから脱皮するのはなかなか難しいようです。ただ、現れてくる人格を必要最低限にとどめ、その人格を本来の自分に近づけていく治療が一般的かな。または、各人格の交流を深め、協力し合うようにして、安全な場所でひとつひとつの人格がもう一度幼児期のつらい経験を思い出し、それを解放させるという方法があります。まだまだ研究の予知がある分野です。多重人格障害者になる人は、依存的で主体性のない人が多いとの報告が多数出されているので、主体的な生き方ができるような支援をしていけば、たとえ完治できなくても、前向きな人性が送れると思っていますよ(笑)。

>saianさん
コメントありがとうございます。初期治療の段階で、どの人格でも私の存在感は絶対なんだ!ということを植えつけましたので(笑)、どの人格でも連絡はくれるようになってきました。
ビリー・ミリガンもそうですが、多重人格の場合、その人格によって性格や病状、脳波や生き方が異なる人物が一身体から沸き起こってくるのは、転生輪廻の考え方があげられます。宗教観・哲学観などからも研究分析を行った結果で、そう判断されるようになりました。これは、人間の生命が永遠だということを証明することにも繋がりました。ビリーのように、本人が学んだこともないはずの言語を話し、習ったこともないはずの方面の知識を有するのは、もともと人間の本質は多重性にあるという見解と、この転生輪廻・・・要は前世・過去生の記憶が想記されているという考え方に基づきます。また、先祖の記憶がなんらかの形で遺伝子によって受け継がれ、想記されている場合、別説ではいろんな霊がとりついている(笑)ということも考えられています。だから、ビリーのみならず、多重人格障害を持った方たち全てに当てはまることだと思います。日本人の場合でも、他国言語を話せる多重人格の方もいます。やはり本人全く知らない習ったことのない言語のようですが・・。日本人は先祖を代々大事にするという風習がありますから、それが前面に出ていて、外国人の人格はあまり現れないようです。結局、原因が幼児期の精神的外傷によるものが9割ですから、そこから治療方法を見出していきます。

Posted by: おふう | 2004.11.07 at 10:44 PM

お疲れ様です。いつどの人格さんと入れ替わるか分からないので対応が大変ですね。でも、どの人格さんもおふぅさんを受け入れているようで、その点は安心ですね。

24人のビリー・ミリガンも、その続編も読みましたが、気になっていることが一つだけあるんです。
それは、彼が外国人の人格ももっていて、外国語をしゃべったり、いろんな地方の訛りでしゃべったりするじゃないですか。
それって、知識がないとできないですよね。彼がすばらしく賢いのか、それとも、彼が成長過程で徐々に身につけ、分離していった、ということなのでしょうか。
日本人の人格障害の方はテレビなどで見た限り、どの人格も日本人のような気がするのですが。
こんなところで質問してスミマセン。

Posted by: saian | 2004.11.07 at 03:45 PM

うわーおふうさん、たいへん・・・。ただただ、尊敬です。
素朴な疑問なのですが、多重人格は治るのでしょうか?
治るなら、中学生の子も完治してほしいですね!私たちでもなる可能性があるってのには、驚きました。

Posted by: けろ | 2004.11.07 at 12:19 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25763/1884564

Listed below are links to weblogs that reference ふりまわされて・・・ます:

» 人の潜在能力ってはかりしれない [F-P★バカンス中★]
先日、カウンセリング他、福祉関係全般に携わっている友人・おふうさんのブログで、多重人格について触れた記事「ふりまわされて・・・ます」を読んだ。 私も心理学... [Read More]

Tracked on 2004.11.08 at 05:53 AM

« インターネットの歴史って? | Main | 冬支度完了です(*^^)v »