« もう、11月なのよね~ | Main | 世界の約束 »

2004.11.02

ふと、思ったこと

これでいいんだと妥協すべきか否か・・・(・・?

仕事の帰りに大型スーパーへ寄って、買い物してから帰宅しました。食材他、いろいろ
買い込んで8000円も買い物してしまった。。。(やば!買いすぎかな?笑)

いつも思っていたことなんですが、今日はまた、いつも以上に目に付いたので、ここに
ぶつけてみようと思います。

よく、大型店・スーパー他公共の施設やテーマパークなどに、身障者用の駐車場があ
りますよね?私もよく目にするのですが、いつもいつも、どこに行ってもこの、身障者用
の駐車場が空いていないのです!身障者用の駐車スペースには、大きな身障者マー
クやステッカーなどが貼られてあり、一般車両は駐車禁止になっているはずです。

ところが、この身障者用の駐車スペースには、車両に身障者用ステッカーが貼られてい
ない、どう見ても一般車両が何台も止められているのです。

これはいったい、どういうことか・・・・・・?

今日行ったスーパーでも、やはりそのような現象が起こっていました。なぜ???

たまたま今日、私が目にした光景は、元気な家族連れが、買い物を終えてにぎやか
にたくさん袋をぶらさげて、急ぎ足で駐車場へと戻っていく姿・・・。その家族が戻った
駐車場はなんと!!

身障者用の駐車スペースでした。

どう見ても、運転を任されているお父さん筆頭に、お母さんや子供たちがとても体が不
自由だとか、足が悪いとか、何らかの障害を持っているとか、肢体不自由だとか・・・・
そんなふうには見えませんでした。

みなさん、普通に歩いてました。車椅子でもなかったし。なのになぜ、身障者用の駐車
スペースに車を止めてるの?と、思いました。一般車両が止められるスペースには、た
くさん空きがあったのに・・。今日に限ったことではありません。よく、目にする光景なの
です。

これは社会的なモラルに反してるよ!おいおい・・・と、思いつつ、残念な気持ちになり
ました。その両親も、子供たちに何を教えているのか疑問に思いました。

もし、本当に同じような時間帯に、身障者の方がいらして、駐車しようとした時に空きが
なかったら身障者の方は大変に困ったと思うし、とても不便な思いをされたと感じます。
身障者用の駐車スペースは確かに、店舗の入り口の近くに設置されてありますから、
買い物時にはかなり便利な空間です。そこに止めれば荷物の持ち運びもスムーズで
すし。

でも、このスペースは、あくまでも身障者の方のことを考えたユニバーサルデザイン
(UD)なのです!!!

学校に教育のすべてを押し付けるのではなく、こういう身近な題材・話題を教えてこそ、
家庭教育の素晴らしさが子どもたちに繁栄してくるのではないでしょうか?

親が率先して社会モラルに反することをして、恥ずかしくないのでしょうか。これだから、
日本の福祉レベルがいつまでたっても向上しないのです。欧米諸外国では、これらの
モラルは当たり前に守られているのです。

一人一人が常識ある行動をとれば、何も問題はないのです。相互に気持ちよく生活で
きるのです。そのことを学校や教育機関に求めてはいけないのです。

まずは、家庭教育・家族教育から。

と、今日改めて思いました。

また、すごいことに、その身障者用駐車スペースに、その一家がいなくなったと同時に
次の車がすぐ、その身障者用の駐車場所に入ってきました。

やはりその車も、普通車のようでした・・・・・(怒)。

本当に、何考えてんでしょうか!!!自己中って言うんですよ!そういうの。。。

まったく、どーなってんだろ。しかし、妥協はしたくないので、今後こういうの見かけたら
勇気を出して、「すいませーん。ここ、身障者用の駐車スペースなんですけど・・・」 
って、言っていこうと思います。

正義感とかそんなんじゃなくて、当たり前のこと!だから・・・

|

« もう、11月なのよね~ | Main | 世界の約束 »

Comments

おふうさん、こんにちは。こちらこそいつも貴重なご意見ありがとうございます。

障害者と健常者を分けてしまったことへの弊害はここにも顔を出しているんですね。やはりここから、もっと互いが交流する場を持つことが問題を解決する根元になりそうですね。

》罰金制度にして欲しくないという、じまぁさんの謙虚なお答えには考えさせられました。私自身もそこまでは・・という気持ちもあり、家庭教育の必要性を訴えてみました。しかし、そこまでしないと気づけない人間が多いことも事実です。

そうなんですよね。やはり困っている人がいる、その状況を改善するには強い手段もやむを得ないかもしれないですよね。ただその前におふうさんのおっしゃるように家庭の場で子供たちに言い聞かせてほしいですし、例えば運転免許を取る過程で身障者用の駐車スペースに停めないのは最低限度のマナーだと教えるようになれば、かなり効果が出ると思います。

Posted by: じまぁ | 2004.11.06 at 11:31 AM

じまぁさん、こんばんは。貴重なご意見ありがとうございます。じまぁさんのサイトにも偶然(?)車椅子に関する記事が掲載されていましたので、後ほどコメントしにまいりますね~(笑)。
>別に障害者が楽したいから入り口付近に広い駐車スペースが>あるのではなくて、広いスペースがなければ乗り降りできな>いから特別に身障者用のスペースが必要なんですよね。こう>いう事実を知らない人が多いのでしょうね。

「なぜなのか」という基本的なことを知らない人は本当に多いと私も思います。この現象は、一般人と障害をもつ方々とを二分にしてしまったがゆえに、このよう状況になってしまったのではないかと・・・。ノーマライゼーションがいかに浸透していないかということですね!ここが日本の甘さです。

>多分子供に「なんで車いすの人だけ駐車場があるの?」と聞>かれても、親は「可哀想だから特別なのよ」としか答えない>から定着しないんだと思います。

世間の親たちは恐らく、じまぁさんのおっしゃるような感覚でしか物事を教えていないと思います。”特別扱い”で済ませてしまっていること自体、既に偏見なのですから。

罰金制度にして欲しくないという、じまぁさんの謙虚なお答えには考えさせられました。私自身もそこまでは・・という気持ちもあり、家庭教育の必要性を訴えてみました。しかし、そこまでしないと気づけない人間が多いことも事実です。情けないことですが、本当にそうなのです。たまたま福祉関係職に従事している私でさえも、この社会の偏見と無能さと無理解極まる大きな壁に立ちすくんでしまうことも、しばしばありますし・・。ましてじまぁさんは、当事者の立場ですから、そのようなことで苦しんだり悩んだり、ムカついたりしたこともあったと思います。悲しいけど、本当にこれが日本社会の今なのです。私としても理想なのかもしれませんが(笑)、教育の力で普通のモラルを全うしていきたいと痛感しています。イデオロギーではなくてね!(笑)

本当に貴重なご意見、ありがとうございました!今後、私の仕事でも役立たせていただきます。(~_~;)

Posted by: おふう | 2004.11.05 at 08:06 PM

おふうさん、みなさん、こんにちは。
別に障害者が楽したいから入り口付近に広い駐車スペースがあるのではなくて、広いスペースがなければ乗り降りできないから特別に身障者用のスペースが必要なんですよね。こういう事実を知らない人が多いのでしょうね。多分子供に「なんで車いすの人だけ駐車場があるの?」と聞かれても、親は「可哀想だから特別なのよ」としか答えないから定着しないんだと思います。まったく、分数のわり算覚えるよりこっちを覚えた方が社会に出た時役立つのに!と腹立たしくなります。

ですが、今は罰金制にはしてほしくないなというのが私の意見です。なぜ駐車スペースが必要なのかしっかり子供のうちから教えていけば、自然に停める人も減るように思うんですよね。理想論かもしれませんが・・・

Posted by: じまぁ | 2004.11.05 at 01:59 PM

>nekoさん
こんにちは~。いつもコメントありがとうございます。
「生き方の問題」そうそう、そうなんですよ!!家庭教育って何?と疑問を感じました。日本の教育って頭でっかちで、詰め込み方式で、本当に心がない教育だと思います。だからこんなことが、まかり通ってしまうのでしょうね。(-_-;)
日本と諸外国の典型的な違いの差に、驚きですわ~~~~(笑)そんな私も日本人ですが・・・(苦笑)。

Posted by: おふう | 2004.11.04 at 03:17 PM

>エルさん
超久しぶりな感じがしますけど、お元気でしたか?そちらは大統領選挙で盛り上がっていたことでしょう・・・結局ブッシュでしたが・・・。さすがはAMERICA!!!これが本とのノーマル社会だと思いました。日本も罰金取ったらいいのに。しかも反則金の中で、1番高額。(@_@;)素晴らしい。
エルさんの住んでる砂漠地帯も、冬に向かっているのでしょうか?お体大事にしてくださいね~。

>summyさん
コメントありがとうございます。私的にも、違反はしっかり罰金を取ればいいという考えです(笑)。過激でも何でも、間違ったことしたヤツが悪いってことで・・・(~_~;)
確かに北海道は駐車にはあまり困りませんが、運転のマナーが悪い人が多く、交通事故死亡率も至って永年全国ワースト1でございます。。。あ~情けない(泣)。

>mamaさん
日本の福祉制度は本当に、まだまだ発展途上にあります。期待したいけど国のやりかた考え方を見ていると、期待はずれが多いので、あまり期待しないでいるほうが・・・とついついそんなことを思ってしまうのです(笑)。息子さんが大人になった時には、もっと開けた社会になっているよう、私も努力します!
mamaさん、一緒に闘いましょうよ~~~(笑)。

Posted by: おふう | 2004.11.04 at 03:08 PM

本当に、こういうの腹が立ちます。
だって、こういうことをしている人は、確信犯だから。
分からなかった、知らなかった、というのはありえない。
感情的な部分もからんでくる「生き方」の問題だからこそ、こういう意識は、家庭教育でないと浸透し難いと、おふうさんに同感です。

エルさんのコメント、参考になりました。
ドライに罰金制度、いいですね。それに、身障者用の駐車スペ−スがよく使われているという社会のあり方は、決定的にいいです。欧米では、高齢者が「寝たきり」である割合も、日本よりぐんと低いとも聞いた事があります。日本もそんな社会にしたい!

Posted by: nekomaru | 2004.11.04 at 03:02 PM

日本とアメリカとでは、こんなにも違うのね!うちの子は障害児だから、大人になってもしも車の運転ができるようになったら、こういう場面に遭遇するのかと思うと、深い悲しみに襲われます。
おふうさんのおっしゃるとおり、障害児や身障者が安心して暮らせる社会にはほど遠いのだと思います。
罰金制度というのも、いい案だなぁと感じました。さすがはアメリカ、ハンディキャップを持った人たちも普通に受け入れて、普通に生活しているのですね~。

Posted by: mama | 2004.11.04 at 12:23 AM

エルさん、始めまして・・
アメリカって割り切っているなぁと・・・
身障者用のナンバープレートなんて制度は日本には無いでしょ。
義父が、半身不随ながら、車に乗っているのですが、あの車椅子マークをつけるのがせいぜい。グリーンマークというのがあるのすら普通、皆さん知らないでしょうね。

私は結構交通ルールは守るほうで、違反には、しっかり罰金を取ればいいのに・・という過激な考えをしてます。(おふうさん、私もゴールドだよ・)
不法駐車でも、何でこんなところにとめるのよ。想像力が無いのか・・・と思うことも多く・・(大阪ってそうよね。停めることが出来るようなそんな場所が無いことが多いのに。)
しっかり罰金を取ってしっかり駐車場をとるなり、道の改善に努めるなりして欲しい。
ね、私の考え方って過激でしょ。

北海道なら、車を止めるところになんて悩みませんよね。
全く、こっちは狭苦しくて・・・それなのに、車に乗っている私です。

Posted by: summy | 2004.11.03 at 06:53 PM

モラルの問題もそうですけど、アメリカでは健常者と同じように普通に車を利用して生活をしていらっしゃる身障者の方がものすごく多いように思います。だから、ハンディキャップ専用の駐車スペースには身障者用のナンバープレートをつけた車がよくとまってて、空きスペースになっていることはあまりないような印象です。
それから、何よりも罰金!ハンディキャップ専用スペースにそれ以外の車をとめた場合の違反に対する罰金は、駐車関係の違反の罰金の中で一番高いです。

Posted by: エル | 2004.11.03 at 06:18 PM

>twisteriaさん
尼崎は、常識的な方が多いのですね~。それに比べてうちの地域はどうなってるんでしょうね・・・。
私も身障者用の駐車スペースには、多々疑問を感じています。もっと、使う方・利用される方の身になって、設置して欲しいと思っています。コーンがあらかじめ置いてあるってのは、まじめに本末転倒ですよね!うちの地域は、コーンが置いてないから、みんな止めてしまうのかと・・・まったく!

>水香姉さん
常識的なことを気付かない・分からないというのは、日本人特有の性質のようです。今の子供たちには、モラルに反した生き方はしてほしくないと思っています。悲しいけど、現実です・・・。
TBもありがとうございました。そちらにもコメントしておきます。

Posted by: おふう | 2004.11.03 at 10:59 AM

私の生活している、尼崎って・・ものすごく、粗雑なイメージのあるところだけど、なぜか、私が使っている駐車場で、そういうことってまずありません。
障害者用スペースだけはあいていることが多いし、障害者スペースも数が結構多いです。
でも障害者スペースを見ていて思うことが・・・自分で車椅子を積んで自分で運転する人はたしかに少ないんですが、障害者スペースは横のスペースもたくさん取ってほしいなぁと・・・
それと、マナーが悪いのでしょうか・・・障害者スペースにはあらかじめコーンがおいてあることがあります。障害者が止めるのに、いちいち、受付で申し出るなんて・・・全く本末転倒だわ。

Posted by: twisteria | 2004.11.03 at 10:02 AM

全くだよね。子供は一番身近な大人を見て、育つのだから、肝心の親などが「ごく当たり前の事」をしなかったら、子供だって守るはずがない。いつまで経っても悪循環なのに。

罰則がないと、普通の事さえ守れないってのは、なんだかすごく、情けないよね。

Posted by: 水香 | 2004.11.03 at 02:34 AM

>mlyckさん
おかしな話ですよ・・まったく・・・・。当たり前のことが当たり前にできないのが現代日本人の特徴なのかも知れませんね。でも、1番ショックだったのは、子供たちに、この駐車スペースの意味を教えていないということですかね~。

Posted by: おふう | 2004.11.03 at 01:25 AM

おふうさんの意見、もっともだと思います。
でもそれを声に出さなきゃいけない時点で、日本では「普通のこと」が普通に守られてないって証明になっちゃうんでしょうね。
そのお父さん、お母さんは子供に対して恥ずかしくないのかしら?なんか本当、やるせないですね。

Posted by: mlyck | 2004.11.03 at 12:48 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25763/1847669

Listed below are links to weblogs that reference ふと、思ったこと:

» 常識って何だろう [F-P★バカンス中★]
おふうさんのブログに、「ふと、思ったこと」という、身障者用の駐車場に車を停める、ごく普通の人々への憤りが書いてあった。実にもっともな意見だと思う。 先日、... [Read More]

Tracked on 2004.11.03 at 04:23 AM

» 若葉マーク、紅葉マーク、 四葉マーク、車椅子マークに思う [店長の日記(BLOG) - hiwadaさんのブログ - 神戸のグルメな焼き鳥 とり梅]
ちょっとした疑問? 紅葉マーク 75歳以上のドライバーは、年齢に伴い身体の機能が低下して、運転に影響があるかもしれないと判断したときには、高齢運転者標... [Read More]

Tracked on 2004.11.11 at 11:26 AM

« もう、11月なのよね~ | Main | 世界の約束 »