« 休日が休日じゃない | Main | 10分間片づけ »

2004.10.12

ラフマニノフの演奏ピーク

ラフマニノフの曲が著作権切れで花盛り?!

昨日は休日出勤で、深夜まで相談援助、他残務に明け暮れた。そのかわり今日が
お休み!午前中から優雅な気分に浸りたく、コンポでラフマニノフのピアノ演奏曲を
聴いていた。名曲を聴くと、なぜか掃除も洗濯も優雅に片付けられるから不思議!

そう、ロシアが生んだ偉大なピアニスト&作曲家である

セルゲイ・ラフマニノフ(1873-1943年)のことである。

今はPCでどういうわけか、ビートルズを聴きまくってノリノリである(笑)。

ところで、ラフマニノフを聴きながら思ったのだが、そういえば・・・・と、気付いたことが
あったので、ここの記事にしてみようと思い立った。

クラッシック音楽に詳しい方はすでにご存知だと思うのだが、

今年の5月23日、このラフマニノフの曲に関する日本での著作権が切れた。これはクラッシック界、特にピアノ音楽の世界では、かなり嬉しい事件(?)ではなかろうか。このニュースは私の中でも鮮明に今も覚えていたのである(笑)。著作権切れを待っていたかのように、確か日本のピアノ界では、日本人用に新たに製作された楽譜や、ポピュラー音楽としても人気のピアノ協奏曲第二番の、日本独自の総譜(フルスコア)などが相次いで発行されたというニュースがあった。

ついこの間まで、著作権の問題で輸入禁止扱いだったアメリカの楽譜出版社によるリプリント版(写真コピーを利用した復刻楽譜)も、晴れて解禁!最近では、音楽店・楽譜店で「ラフマニノフ著作権切れフェア」のような催しまで行われたらしいから、ラフマニノフ人気はうなぎのぼりである。

ラフマニノフは近年、ピアニストとしてよりも、むしろ作曲家としての再評価が急速に持ち上がっているらしいのだ。コンサートでもてはやされるピアノ協奏曲、様々な編曲で親しまれている「ヴォーカリース」。更には交響曲第二番や「パガニーニの主題による狂詩曲」、多数のピアノ独奏作品など人気作品が目白押しで、CDも大量に出ている。

その人気の前に立ちはだかっていたのが、著作権の問題だった。作家や作曲家の著作権の有効期限は「本人の死後50年まで」と定められている。だが、著作権関する国際条約に未加入だった旧ソ連時代のロシア人作曲家の扱いが難しい上、日本は「敗戦国規定」として、真珠湾攻撃時からサンフランスシスコ講和条約締結までの約10年間が加算されるため、事情は複雑とのこと。(クラッシック名盤・ロシア人作曲家~ラフマニノフ引用)

というわけで、ラフマニノフに関して、これらがクリアされたのが今年の5月。事前に
これを察知していたある交響楽団は、6月の定期演奏会で、すべてラフマニノフの
曲からなるプログラムを組んだと言う。

事実、著作権料支払わなくてもよくなっただろうし、いつでもどんな時でもラフマニノフ
の曲が演奏できる時代になったというわけである。

一挙に増えるラフマニノフ演奏効果で、今、クラッシック界・ピアノ界が再びメジャー路
線の仲間入りを果たし、その観客動員数も例年に比べかなりアップしているというか
ら、ラフマニノフ様さまであることは間違いないようだ(苦笑)。

著作権というと「守らなければならない」という話が先行しがちだが、しかし、著作権料
の支払という義務は、時に作品普及の障害になることもある・・・・。

と、いうことも私たちは知っておく必要があるのではないだろうか。

ラフマニノフの音楽~それは地味だが力強さと優しさを兼ね備えている

ラフマニノフに関して、さらに詳しい情報はラフマニノフ資料館へどうぞ♪♪♪

|

« 休日が休日じゃない | Main | 10分間片づけ »

Comments

>mamaさん

mamaさんも、クラッシックがお好きだったとは・・・(笑)
ラフマニノフの曲はいいですよね!最近ずっと、こればか
り聴いてます。クラッシック・ピアノ曲は。

他にはやはり、モーツアルト、ベートーベン、バッハ、交
響曲第四番あたりでしょうか~。名曲はどれもこれも捨て
難いぃぃ。欲張りなのです(苦笑)

日本バージョンでは久石譲(宮崎監督アニメには欠かせな
い・笑)や千住明(砂の器で有名になった)の曲も聴いて
ます。

Posted by: おふう | 2004.10.13 at 11:51 PM

私もラフマニノフの曲は大好きです。こんなところでも、繋がれていたのですね!クラッシックコンサートなんかに行けば、最近どうりでラフマニノフの曲が流れてくると思ったら、著作権切れだったんですね。嬉しい悲鳴でしょうね~交響楽団なんかは。

おふうさんは、他にはどんなクラッシック音楽をお聴きになるのですか?私はありきたりですが、モーツアルトとかショパンなんかが好きで聴いています。

Posted by: mama | 2004.10.13 at 02:28 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25763/1659404

Listed below are links to weblogs that reference ラフマニノフの演奏ピーク:

« 休日が休日じゃない | Main | 10分間片づけ »