« もうちょっとゆっくりね・・・ | Main | 9月のかがやき »

2004.09.18

レベルをつけるな!見下すな!

偏見・外見・レベル・・・そんなもんはいらん!公平・平等が欲しいんだ!

blog間でお知り合いになり、親しくさせてもらっている方にじまぁさんという方がいる。

彼は、先天性骨形成不全症と言う生まれつき骨が弱い病気で、小3の時から親
元を離れ肢体不自由児施設付きの養護学校へ入学する。しかし、中1の時の骨
折から寝たきりとなり養護学校高等部への進学を断念。

その後、寝たきり状態から回復して、通信制の高校へ進学。そして、今年4月か
ら通信制の大学に進学し、現在福祉系の資格取得を目指して、日々勉強に取り
組まれている大変な努力家でもある。

私はいつも、じまぁさんにたくさんの勇気をもらっている。それは生きる勇気!!
肢体不自由という障害をもろともせず、前向きに物事に取り組む姿勢は、ただただ
頭が下がる思いで一杯だ。

今は福祉系の通信大学で、社会福祉を学び、将来のこともしっかり考えながら、
日々勉学へと励んでらっしゃる。心から応援したいと思っている。

じまぁさんも、毎日ほぼblogの記事を更新されている。だから、遊びに行くのが楽し
みになっている。鋭い視点で物事を洞察されているので、私の方が考えさせられる
ことが多い。と同時に、たくさんの励ましもいただいている。

つい先日、じまぁさんのblogで、友達からの電話というタイトルの記事(日記)を読み、
非常に深い悲しみと怒りに打ち震えた。

だから、私のサイトにも取り上げ、再度考えてみたいと思ったのである。

詳細は、じまぁさんのblogを読んでいただければ一目瞭然。少しだけ要約すると・・・。

 じまぁさんの養護学校時代の友人が、現在就職活動をしてるものの、なかなか
 いい就職先にめぐり合えないというもの。断られている理由が「障害者だから万
 が一の事が起きた場合を考えると・・・」「前例がないから・・・」
だそうだ。し
 かし、じまぁさんのその友人は車も運転できるし、生活に支障はない。生活上の
 「障害」 はほとんどないのである。まして、大学院を終了し博士号も取得されて
 いる方だという。

この記事を読んで、私は頭にきた次第である!いや、それ以上に悲しくなった。。。

今なお、偏見があるのか・・・島国・日本は!何を基準に判断してるのか????
じまぁさんがおっしゃる通り、「ふざけんな!」と叫びたい気持ちで一杯だ。

障害を持つ方々の就労がいかに厳しいか、私なりにもよく分かっている。私自身も
彼らたちと共に、日々就職の糸口を見つける活動を行っている。これまでにようやく
16人の障害を持つ方々を、就労へと導いてきた実績がある。

しかし、私が携わってきたこの10年の間にたった16人である。不甲斐ない事実。

以前このサイトで、フツーの生活!~等身大の暮らしを求めてという、ある障害
を持った男性の方が施設を出て就職していくまでの道のりを、3回にわたり掲載し
たことがあった。

ここでも触れたが、障害は1つの個性なのである。特別なことではない。

欧米諸国は早い段階からノーマライゼーションの理念を社会や地域に浸透させ、実
践へと展開させてきた。日本は遅ればせながら、ようやくこの理念が実践へと移り
変わる転換期をむかえた。

ノーマライゼーション とは・・・・・
障害者であろうと健常者であろうと、同じ条件で生活を送ることができる成熟した社
会に改善していこうという営みのすべてをノーマライゼーションといい、障害者が障害
がありながらも、普通の市民と同じ生活ができるような環境づくりこそがノーマライゼ
ーションの目的。要は、「ノーマル」な社会をつくりあげていこう、というもの。

とすれば、この理想論はうそか?いや、決してうそであってはならない。

彼らたちも、障害者雇用促進法という立派な法律に守られているのである。

まだまだ、日本の社会には様々な憤りを覚える昨今、人間全ての人にレベルをつけ
るな!見下すな!外見で判断するな!偏見を持つな!と、声を大にして言いたい心
境である。

私は、福祉マンパワー(福祉人材職)の1個人として、これからもこの偏見や不平等
の大きな壁と、戦い続けていく覚悟である。

いつかきっと、すべての人々に、開かれた社会参加が可能となるように・・・。

じまぁさんはじめ、その友人の方の今後のご活躍を心から願いつつ。

きっと、いい就職先に出会えるはず!必要としてくれるところが、必ずあるよ!!
「障害者だから・・・」って、断ってきたそんな会社(大学・研究所かな?)こっちからお
断りだい!ちゃんちゃらおかしくて、そんなちんけな会社に勤めてやるもんかぁ!!
ぐらいの勢いで、前進していきましょう。(私も口が悪くなった・笑)

負けないで!チャンスは何度でもあるからさっ!

|

« もうちょっとゆっくりね・・・ | Main | 9月のかがやき »

Comments

>水香しゃん

blog見た!本当にありがとうございます。
結局、自分たちのことしか考えてないのです。「前例がない」とかそんなもん、あってたまるか!人間性が問われる会社だ。

そんな偏見や見下し社会とは、早くおさらばしたいものです。
悔しいけど、今は歯を食いしばって「今に見てろ!」と抜本的な改革を起こすため、福祉関係職相互の力を結集して戦っていこうと思ってます。

>じまぁさん

本とに突然、私のところで取り上げさせてもらって、すいませんでした。。。でも、何かに吐き出さないと、いてもたってもいられない心境でした。

ともに、これからも訴え続けていきましょうよ!!理想はもういらないんだ!実績・実践・行動が欲しいんだった!ってね。
障害者の就職をここまで難しくしている理由の1つに、経営者要は社長とか大学で言えば学長とかの人間性と価値観の相違があると思っています。経営者がやはり社員に格差やレベルなんかをつかたがるところは、偏見が多いと思います。役職は別としても、こういう風潮の経営者はいずれ自滅するでしょう。

じまぁさんが今、勉強してることや私が福祉職に就いていることを無駄にしないためにも、行政や社会に立ち向かっていきましょう!!

友人の方は、必ずいい結果がでると信じています。だって、素晴らしい有能な方なんですもん。応援してます。

Posted by: おふう | 2004.09.18 at 03:56 PM

おふうさん、こんにちは。
取り上げていただいてありがとうございます。めちゃめちゃ私のことを褒めていただいてちょっと照れちゃったりしています(^_^。

友人から就職できないという電話を受けた時、ノーマライゼーションとか福祉の理念や理想が空しいものに感じて力が抜けたようになったのですが、それでもなお訴えていかなければいけないんですよね。ここで動かなかったら何も変わらないし、障害者の就職は難しいと嘆いているだけじゃ偏見は無くならないですよね。

養護学校時代の知り合いで職に就けた人は数えるほどです。私が福祉の勉強を続ける意義もおふうさんのように差別や不平等と戦えるようになるためなんだなと改めて決意、というか再確認しました。

友人にもおふうさんや皆さんの言葉は伝えておきます。いい結果が出るように私も出来る限り協力していきます。

Posted by: じまぁ | 2004.09.18 at 02:22 PM

なんかねぇ・・・ふざけるなよ!!!と、おふうさん同様、怒り爆発し、むしろエネルギーが満ち溢れ、思わずうちでも記事にしてしまったよ(笑)。

あーもう!!だから物事の表面しか見ない、事なかれ体質は嫌いなんだよ!!!障害があれば、普通についていくのだって大変なのに、この方、運転免許も博士号も取得してるんでしょ?それがどんなにすごい事か、まるで解ってないじゃんね!!

それも考えずに不採用にした奴、試しに半年・・・いや、一ヶ月でもいいから、目でも手でも、何でもいいけど「普通ならごく当たり前に使える器官」を一切使わず、滞りなく、日常生活送ってみろってんだ!!

この状態で、運転免許や博士号取得して、ごく普通に支障なく日常生活送れるほどの人だぞ?!少なくとも障害がハンデにならない分野で、こういう人間と勝負して勝てる奴がどれほどいるっていうんだ?!

・・・って、ここでエキサイトしてどうするか、私(苦笑)
とりあえず、TBもしてみたので、時間ある時、気が向いたら見てみてねん♪

Posted by: 水香 | 2004.09.18 at 08:46 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25763/1461020

Listed below are links to weblogs that reference レベルをつけるな!見下すな!:

» 勿体無い事をするもんだ [F-P★バカンス中★]
メルマガの共同発行者で、親友でもある「おふうさん」のブログで、「レベルをつけるな!見下すな!」という記事を読んだ。大元は「じまぁさん」という方の「友からの電話」... [Read More]

Tracked on 2004.09.18 at 08:14 AM

« もうちょっとゆっくりね・・・ | Main | 9月のかがやき »