« 熱血!暴走族自伝~更生その3 | Main | ストレス度チェック! »

2004.08.03

熱血!暴走族自伝~完結

12.gif前回までのお話し
    PART 1
    PART 2
    PART 3
    更生その1
    更生その2
    更生その3

とにもかくにも、定時制の高校しか道がなかったが、過去の経歴を全て承知の上で
私を受け入れてくれたのである。

どんなにがんばっても、過去の過ちは消えない。一生ついて回る。大事なことは二
度と同じ過ちを繰り返さないことである。ということを、私自身が肝に銘じた。

不思議なことに、定時制高校は自分の肌にあった。老若男女問わず、そこには学
問を追い求め、賢明に生きている人間模様が描き出されていた。高齢の方もいれ
ば病弱な方もいて、自分と同じような経歴を持つものもいれば、平凡な主婦の方も
いた。だから人間的な勉強も、言わばここで学んでこれたのである。

次第に私は「ここにこれて、良かったんだ。」と思えるようになった。わずか22名の
クラスであったが、全員仲が良かった。一時は不幸に思えた出来事も、こうして振
り返れば不幸ではなく「幸運」だったことに気づく。現実は、そんなことの繰り返し
なのかもしれない・・・。要は、自分の気持ち次第であると言うことだ。

私はとにかく勉強した。昼は運送会社でのバイト、夜は学校、帰宅してから予習・
復習。寝る間も惜しんで勉強の虫になった。成績は卒業するまでトップだった。

こうして4年間、勤労苦学生生活を送り、卒業証書を手にした時の喜びはひとしお
だった。クラスの仲間と離れることは淋しかったが、共に苦労してきた大切な仲間
たち。別々な道を歩んでも、心は離れることがなかった。今でも2年に1度は必ず
恩師を囲んで、同窓会を行っている。

私は、福祉系の4年大学へと進んだ。定時制で4年間バイトしてきた資金は、全て
この大学の費用に当てた。これ以上、両親には苦労をかけたくなかったから。

大学受験は学校側の強い推薦もあり、成績も良かったことから、福祉では名高い
名門校へ、推薦で受験することができ、特待生として合格を手に入れることができ
た。だから、入学金も4年間の学費も免除という高待遇での出発。自分の貯金は
新生活を始めるための資金に回り、両親は飛び上がって喜んでいたのを今でも忘
れることが出来ない(笑)。

元暴走族の総長が大学生だなんて、今となっては笑い話だが、ついに私は世間を
あっと言わせる方向へと進むことになる。

大学は遠方、初めての一人暮らし。しかし、不安よりも希望に満ち溢れていた。
定時制高校へと通いつつ、私の将来の目標が明確となったいたからだ。

こんな自分でも、人を支えてあげることのできる仕事がしたい。社会的に立場の弱
い方々の味方になりたい。福祉という奥の深い現場の中で、幸福の追求をしてみた
い。生きることの素晴らしさをもっと知りたい。そう、強く思うようになったから、この職
業が自分の天職とさえ思うようになったから、この道にかけようと決めたのである。

大学では勉強も一生懸命したが、遊びも熱心にやった。ゼミやサークルにも没頭し、
ここでもいい仲間にめぐり合えた。その中でいくつかの恋愛も経験したし失恋もした。
大恋愛の末、大失恋した時、私は対人恐怖症となってしまい、ついには鬱病になっ
てしまったこともある。鬱病は長かった。社会人になってからも中々脱皮できなかっ
たから・・・。

この話しは長くなるので、あえてここでは記さないが、別の機会に記事にしたいと思
っている。(現在鬱は、ほとんど克服できている。)

大学を卒業した後、念願であった福祉関係職へと就いた。様々な福祉系資格を取得
し、現在は総合的な業種をこなす仕事に従事している。また、マンパワー(福祉の人
材)の育成も手がけるまでになったし、部下もいる立場にもなった。私の仕事を評価
してくださる後援会もあり、年に数回学校機関をはじめ、いろいろなところにも講演に
いくようにもなった。

ここまでくる道のりは、決して平坦なものではなかったが、人よりもあえて遠回りをした
おかげで、私は今の自分があると思っている。これからも、常に何かにチャレンジして
更なる自分自身の成長を課していきたいと思うのである。

苦労こそ宝。逆境こそ肥やし。どん底になったら、あとは上を見て這い上がればいい。

人生、遠回りしたっていいじゃないか!自分らしく輝いていけば・・・・・。

~完~

※長い間、この自伝にお付き合いくださってありがとうございました。


|

« 熱血!暴走族自伝~更生その3 | Main | ストレス度チェック! »

Comments

>ヒヨコさん
遊びに来てくださってありがとうございます。この暴走族自伝も読んでくださり、嬉しいです!(笑)実はこの自伝をアップするかどうか相当悩みましたが、いろんな方から背中を押していただき励まされて、記事にすることを思い立ったのでした(笑)悪さばかりして反発してた自分ですが、何かの応援メッセージになればとの思いで書かせてもらいました。
私のほうこそ、皆さんに大切なことを教えてもらっています。
また、いつでも遊びに来てくださいね♪

今後とも、よろしくお願いします~ヽ(^o^)丿

Posted by: おふう | 2004.11.02 at 11:50 PM

先日はコメントありがとうございました
今日はちょっと遊びにきたつもりだったのですが
。・°°・(>(ェ)<)・°°・。感涙
ただただ感謝です。
一気に読み上げてしまいました!
忘れかけていた大切なものを思い出させてもらいました。
ありがとうです。

Posted by: ヒヨコ | 2004.11.02 at 11:21 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25763/1108704

Listed below are links to weblogs that reference 熱血!暴走族自伝~完結:

» 熱血!暴走族自伝 [ださいおさむの憂鬱な日々…]
キヌガサでお友達になった方の一人におふうさんがいる。 お友達の数がお互い一桁かせいぜいやっと二桁という辺りだから、始めて間もない時期だ。 オレがマスターをし... [Read More]

Tracked on 2004.08.04 at 09:47 PM

» Cheap 37 5 phentermine. [Phentermine.]
Phentermine. [Read More]

Tracked on 2007.04.03 at 01:14 PM

« 熱血!暴走族自伝~更生その3 | Main | ストレス度チェック! »