Main | April 2004 »

2004.03.31

ねむれましぇ~んのぼやき

今日は夜勤明け・・・本とならもう寝なきゃ死んでしまうわ・・・
けど、けど、けど、どうして眠れないのかしら???

明日から新年度、山のようにつまった仕事のことを考えると、ますます眠れない(-_-;)
やることいっぱい!!だったら、楽しく仕事をしたい。現実厳しいけどね。。。

がんばって、ねようかな。(寝るのにがんばったってしゃーないね・笑)

おし!ひとまず (-_-)zzz

| | Comments (1) | TrackBack (0)

2004.03.30

携帯からぼやき

携帯から初挑戦!今日もだるいわ・・・。アホな上司に囲まれて、てめーらの仕事はお茶会か!(`ヘ´) ☆★ファイト♪☆★ (^_^)v

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2004.03.28

◆明日へのぼやき◆

明日は1日外勤予定(トホホ・・・)疲れるのが想像できてこわい(;_;)

そんな気持ちを愛娘、ねこのみぃこちゃんに話してみた。

我~「あのさー、明日ずっーと出っぱなしなんだよね。」

(=^・^=)~「・・・・・・・・・・・・・・・・・。」(天井をじーっとみつめている)

我~「聞いてる?」

(=^・^=)~「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。」(まだ、天井をみつめている)

我~「なんか言え!おい!」

(=^・^=)~《と、突然私の肩にのっかってきた》そして、「みゃー」と鳴いた。

我~「おお、みぃチャン。わかってくれるの(泣)」《と言って、ひしっとみぃちゃん抱きしめる》


しかし、その目線の先は・・・

たどってみると、なんと【蛍光灯の電気の線】やないかい!!(@_@。

そう、みぃこちゃんは、その電気の線がほしくて、遊びたくて、そのことを訴えていただけのことでした。

こちらの気持ちを理解してもらうことよりも、ねこの気持ちを理解していくほうが先だと気づいたのでした。

今さらながら。。。。。。

あーあ、娘(=^・^=)のことを、もっと分からなければ!

とりあえず、明日っからまた、がんばろう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

警察官へのぼやき・・・

最近のニュースで (;一_一)
「女性警官が増えたことで職場環境をよくしようと、広島県警の本部長らが「意見があればメールやファクスで送って」と呼びかけたところ、わいせつやセクハラ行為の情報が次々と寄せられ、県警は、悪質な4件について上司を含む計7人を処分していたことが27日、読売新聞の情報公開請求に対する県警の回答でわかった。」
引用:http://newsflash.nifty.com/news/tk/tk__yomiuri_20040328i401.htm
ここ最近の警察って何?????ほんま、お国のために働いてんのかい!一部の悪徳警官のために、まじめに勤務している警察官は報われないよね。そう、思いません?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ぼやきーその2

IMG_0269.JPG
さっそく、ぼやき第2弾♪うちの子《ねこ》みぃこちゃんでーす。あーあ、もう眠れない・・・おまけに足、つったぜい・笑

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ぼやきーその1

ココログアップ!お初!よろしくです。(*^^)v
昨日、映画に行きました。ひっさしぶりぶりだったので、わくわくもんでした。え?誰といったのかって?そんなん決まってんでしょー・・・・・・・・うちのばばさまじゃい!!と、失礼しました。お母様と。「クイール」みたの。かわいかった。んで、私たちの前に座っていたお子様たち、ポップコーンぼりぼり食べてんのはいいけどさー、そのうちの一人が映画のクライマックスで超いいところなのに、手がすべったか何なのか、ポップコーン一気にばらまいてしまって、それだけなら許せるけど、今度は「わー」だの「キャー」だの声を発し、落ちたポップコーン一所懸命ひろいだしてよー。おいおいと思った次の瞬間「また買えばいいね」とあっさり。そして、一緒に来ていた母親からお金もらってまた、売店へと駆けていったのだ。母親も何一つ注意しないのだから、世の中不思議だね。その子が嬉しそうに新しく買ってきたポップコーンを抱えて座席に戻ってきた時には、スクリーンはすでにエンディングの字幕とともに音楽が流れていたのでした。思わず私は母と顔を見合わせ、噴出してしまいました。つい、1分前まではクイールを見て涙を流していたのに・・・。照明が明るくなり、ついつい前方の座席下をのぞきこんでしまった私は、またもや爆笑!そこには多量のポップコーンが散乱しているではありませんか。当事者である本人とその友達数人、そしてその子の母親もその光景に愕然としたのか、開き直ったのか分かりませんが、何事もなかったかのように、映画館をそそくさと出て行ったのでした。他のお客さんたちも「あらー」と言っていたので、きっと不愉快だったに違いありません。こんなことがまかり通るのですから、世の中、本と不思議ですよね。せめて、落としたものは拾う!散らかしたら片付ける!くらいの教育はしないといけませんよね、お母さんたち!
あ、そうそう、映画の話ですが「クイール」は盲導犬の物語にしては、少々物足りなかった感じがしました。ご主人が早く亡くなったからかな??今度は何の映画にしよっかな(笑)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Main | April 2004 »